NEWS

2018年05月16日
【記事翻訳】キム・ヒョンジュン、4年ぶりのワールドツアーを成功裏に終える






キム・ヒョンジュンは昨年12月の高麗大学化汀(ファジョン)体育館で開かれた『KIM HYUN JOONG 2018 WORLD TOUR ”HAZE” IN SEOUL』でワールドツアーをスタートさせました。ソウルに続き、ボリビア、チリ、メキシコの南米3カ国と日本(東京、大阪)、タイ(バンコク)、香港(マカオ)まで6ヶ月間で7カ国8都市、計12回にわたる公演を成功裏に終え、除隊後の本格的な活動を始動させました。

オープニングはキム・ヒョンジュンが作詞、作曲したバラード曲『HAZE』から始まりました。『HAZE』はワールドツアーに先立って発表された5枚目のミニアルバムのタイトル曲で、大変な時期を一緒に乗り越えてくれたファンに感謝の気持ちを込めて作った曲で、心を込めて歌うキム・ヒョンジュンの姿にファンは熱い歓声を送りました。

『KIM HYUN JOONG 2018 WORLD TOUR ”HAZE”』では5枚目のミニアルバムに収録された『It’s over』『MOON LIGHT』を含む計21曲のパフォーマンスが披露されました。既存の曲をバンドバージョン、アコースティックバージョンとして新しく編曲し、ダンサーと一緒にダンスパフォーマンスを披露するなど、観客を魅了しました。

キム・ヒョンジュンは、『2014 KIM HYUN JOONG WORLD TOUR“夢幻”』以来、4年ぶりの公演であったにもかかわらず、一流で華やかなパフォーマンスで会場を盛り上げました。また、毎回会場を埋め尽くしたファンも、これに熱い歓声とプラカードで応えました。特に南米公演では、ファンが心を一つにしてキム・ヒョンジュンの歌を歌う感動的なシーンもありました。

このようにキム・ヒョンジュンは、1公演平均4千人の観客との特別な時間を過ごし、幸せな思い出を作りました。今回のワールドツアーを通じてキム・ヒョンジュンは、熱い歓声と声援を送るファンの変わらない気持ちを再確認しました。またファンも今後のキム・ヒョンジュンの活動にさらなる期待を高めています。

2018年のワールドツアーを終えたキム・ヒョンジュンは、6月に日本で6thシングルを発売する予定です。

引き続き、キム・ヒョンジュンへのあたたかいご声援をよろしくお願い致します。

▲ Page Top