NEWS

2018年02月09日
【キーイースト公式翻訳】キム・ヒョンジュンの元恋人、詐欺未遂容疑で500万ウォンの罰金刑
裁判所は、キム・ヒョンジュンの子供を妊娠したと偽り利益を得ようとした疑いで裁判になっていた、キム・ヒョンジュンの元恋人A氏の詐欺未遂に対する一部の容疑を認めるとし、罰金刑に処しました。

8日午前、ソウル東部地方裁判所刑事4部(部長:イ・グァンヨン)で開かれたA氏の詐欺未遂及び出版物による名誉毀損容疑に対する裁判で、裁判所はA氏の詐欺未遂容疑の一部を有罪とし、500万ウォン(約50万円)の罰金刑を言い渡しました。

A氏はキム・ヒョンジュンとやり取りしたモバイルメッセージの一部を操作し、これを利用して虚偽の損害賠償を請求したとする詐欺未遂の疑いと、メディアのインタビューで「キム・ヒョンジュンの暴行で流産した」という趣旨の発言をし、その内容が報道されるようにすることでキム・ヒョンジュンの名誉を毀損したとの疑いで検察から起訴されました。

裁判所はA氏が「2014年10月に、キム・ヒョンジュンの子供を4回妊娠したが、キム・ヒョンジュンに強要され中絶した」と述べた部分のうち、A氏自ら検察調査で、虚偽であることを認め、関連真実を隠蔽しようとし、有罪であると判断しました。

しかし「2014年5月にキム・ヒョンジュンの子供を妊娠し、キム・ヒョンジュンに暴行を受けて流産した」というA氏の主張には疑いの余地はあるが、その主張が明白な虚偽だと判断することは難しいとしました。

裁判所は、事件全体で有罪となった部分の割合や被害者と被告人との関係、犯行の経緯、A被告が初犯であること、A氏が子供を一人で育てている点などを量刑に考慮したと明らかにしました。

一方、詐欺未遂の疑いと共に適用された出版物による名誉毀損容疑については無罪を言い渡しました。

A氏は2015年4月にキム・ヒョンジュンの子供を妊娠して流産したと主張し、16億ウォンの訴訟を起こしました。 これに対しキム・ヒョンジュンは、妊娠、流産、暴行などはすべて事実無根だとし、反訴を進め、2016年8月A氏とキム・ヒョンジュンに関連した損害賠償請求訴訟1審判決で裁判部は「A氏の主張に対する証拠がなく、むしろA氏が事実でない内容でメディアとのインタビューを行い、キム・ヒョンジュンの名誉を毀損させた点が認められるため、A氏にキム・ヒョンジュンへ1億ウォン(約1,000万円)の支払いを命じる」との判決を下した経緯があります。

その後、A氏の追加的な虚偽の主張の情況をつかんだ検察は詐欺未遂(メッセンジャーの対話の削除を通じた証拠ねつ造の)および出版物による名誉毀損の疑いでA氏を起訴しました。

先立って検察は、A氏がモバイルメッセンジャーメッセージを一部操作して、虚偽の事実を含んだインタビューでキム・ヒョンジュンの名誉を毀損したとして、懲役1年4ヶ月を求刑していました。

▲ Page Top