NEWS

2016年08月12日
【キーイースト公知翻訳(要約)】キム・ヒョンジュン氏 訴訟勝訴について
すでに報道された内容のように、2016年8月10日にキム・ヒョンジュン氏と元恋人チェ氏の間の民事訴訟に対する判決が下されました。これについてキム・ヒョンジュン氏と所属事務所の公式コメントをお伝えいたします。

この判決で裁判所は16億ウォンを賠償してほしいというチェ氏の主張をすべて棄却し、むしろチェ氏にキム・ヒョンジュン氏に1億ウォンを支払うよう、判決を下しました。

チェ氏は最初の告訴以来、キム・ヒョンジュン氏が有名韓流スターであることと、該当内容が引き続きマスコミに流された場合にキム・ヒョンジュン氏が受ける打撃を知りながら示談金をもらいました。その後もキム・ヒョンジュン氏との交際を続けようとしたが、それを断ると、交際時にあったプライベートな内容をマスコミに流布し、訴訟を提起するなどの行為をしてきました。

今回の判決で確認されたように、チェ氏が被害を被ったと10億ウォンの被害を主張した部分である「暴行により流産した」という主張と、「妊娠中絶を強要した」という主張は完全な嘘だと判明しました。

むしろ裁判部はチェ氏が妊娠自体をしたことがないため、「妊娠した状態で殴られた」という内容のインタビューをしたことは明白な名誉毀損に当たると認め、1億ウォンの慰謝料を支払うよう判決しました。

特に、裁判所で1億ウォンという巨額な慰謝料を算定するにあたり、キム・ヒョンジュン氏の入隊前日に上のインタビューをしたことによってキム・ヒョンジュン氏はきちんとした反論もできないまま入隊することになり、芸能人としてのイメージと名誉に致命的な損傷を受けたことが認められました。また暴行による流産と妊娠中絶強要に対する一部メディアの報道も事実無根であることを改めて申し上げます。

結論的にチェ氏はキム・ヒョンジュン氏が有名人だという理由で持続的に問題を提起し、訴訟を提起することでキム・ヒョンジュン氏の名誉を毀損すると同時に、金銭的な利得を得ようとしたが、むしろ裁判を通じて自身の嘘を証明することになったのです。

キム・ヒョンジュン氏は残りの法律的訴訟件に対しても断固たる姿勢で対処し、残りの軍生活にも誠実に臨みます。

**********

本件につきまして、ファンの皆様に多大なるご心配をお掛けいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

引き続き、キム・ヒョンジュンへのあたたかいご声援を何卒よろしくお願い申し上げます。


株式会社デジタルアドベンチャー・KEYEAST

▲ Page Top